記事一覧

仙台市でドローンの実証実験

 最近「docomoSky」や「セルラードローン」の話で、ドローンのリアルタイム位置情報把握・運航管理システムについて書いて来ましたが、今回富士通より「仙台市、NTTドコモの協力によりドローンに装着したスマートフォンで空撮した写真とその位置情報などを、リアルタイムな情報共有を実現する地図アプリケーションを活用して地図上に表示し、安全かつ迅速な被災状況の把握と情報共有を想定した実証実験を2018年3月19日(月)に荒浜小学校~深沼海岸にて行う」旨発表がありました。
 こういう情報やノウハウを入手すべく某ドローン団体に参加しておりましたが、会員企業への通知は今のところありません。(前回の実証実験公開の時も、数日前に案内があり参加予定していたら、当日ドタキャンになり後日の案内が来ないままでした。)もうちょっと情報が欲しいなぁというところ。
 大手メーカーは運航管理システムを大々的に製作したいところだと思いますが、現実的に実際に飛行させている測量会社では、地図の上に情報を表現して解析するのは得意分野です。
 キーワードで言えば、リアルタイム位置情報を受信してテキスト形式に変換できればPC-MAPPING上にプロットする事は可能です。このデータ送信が今のところは通信キャリア会社しか扱えないため、受け取る事しかできませんが圧縮形式で送られる位置情報をテキスト変換してCSVに出来ればすぐにでもシステムは作れると思います。(現在でもGNSSを接続してNMEAフォーマットを介してリアルタイムに現在地をプロットする事をやってます。)
 これがこれまで「ある制約をクリアするとPC-MAPPINGでUAV管理システムが自由に出来るようになると思います。」と言ってきた中身です。
 今度関係者の方に突っ込んで聞いてみたいと思います。ノウハウを掴んだら皆で活用できるよう公開しますね。

コメント一覧

h_utsuno Eメール URL 2018年03月12日(月)13時02分 編集・削除

leafletやcesiumなどでもできそうですね。

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
削除キー