記事一覧

偽物カルティエ時計スーパーコピー

カルティエスーパーコピー優良店、偽物カルティエ時計スーパーコピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=44 カルティエ 時計 コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=56 カルティエ バロンブルー コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=67 カルティエ パシャ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=68 カルティエ ロードスター コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=55 カルティエ タンクアメリカン コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=48 カルティエ サントス100 コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=66 カルティエ タンクフランセーズ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=47 カルティエ カリブル コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=62 カルティエ タンクアングレーズ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=106 カルティエ ベニュワール コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=98 カルティエ タンクソロ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=45 カルティエ クレ ドゥ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=159 カルティエ ロンド コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=105 カルティエ サントスガルベ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=199 カルティエ ヴァンティアン コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=65 カルティエ サントスドゥモワゼル コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=97 カルティエ ラドーニャ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=46 カルティエ ドライブ ドゥ コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=164 カルティエ タンクディヴァン コピー
http://www.sanndaru.com/category.php?id=157 カルティエ ロトンド ドゥ コピー
カルティエスーパーコピー優良店、偽物カルティエ時計スーパーコピーn級品海外激安通販専門店!カルティエ時計コピー、カルティエスーパーコピーをはじめとした、様々なスーパーコピー 時計の販売・サイズ調整をご提供しております。カルティエスーパーコピーなら当店で!

i-Constructionロゴマーク決定

 国土交通省により「i-Constructionロゴマーク」が決定されました。
 建設現場が「新3K」である「給与が良い・休暇がとれる・期待がもてる」魅力ある現場に変わっていくために、自動制御可能な建設機械等の先進的な技術の導入などにより、建設現場の生産性向上を図るのが「i-Construction」の目的です。
 このロゴマークによるイメージ戦略で、「i-Construction に よって若者や女性、高齢者も働きやすくなる新しい建設現場」のイメージが社会に浸透していくことが期待されます。

ドローン団体

 ドローン産業に関わる方々は非常に多方面・多岐にわたります。そして日本全国規模であったり、県・市レベルであったりの「ドローン団体」が存在しています。
 弊社でも昨年度会員募集があった地元のドローン関連の団体に加入し、一年間その活動を見て来ました。会員企業の顔触れは、通信キャリア、IT企業、ハードウェアメーカー、自治体、大学、測量、空撮専門会社・ドローン販売・ドローンスクールetcと非常に多方面にわたり、どれだけ高度な研究・実践に関われるのかという期待を持って始まりました。
 これだけのパワーをどうコントロールできるかが事務局の力の見せ所ですが、良い方向に行けばスゴイ事が出来るし、方向性を間違うと何も出来ない可能性もありました。
 (失礼な言葉と捉えないで欲しいのですが)これだけ会員のレベルが離れていると、どこに合わせるのかが難しかったと思います。結果として初心者向けの講習にピントを合わせる事も止む無しですが、当社としては方向性の違いから「退会」する事にしました。(一緒に何かを行うのが楽しみなメンバーもいらしたのですが、その方達も途中から参加されなくなり、退会されるようです。)
 別なドローン関連の方達とも「一緒に研究会組みましょうか」という話をする事もあるのですが「事務局でさける人がいない」というのがいつもネックで実現せずにおります。
 今は趣向の合うドローン関連企業の方達との情報交換を行っていますが、小さい方が決断・行動が速いです。急成長の黎明期にはこの方が良いのかもしれませんね。同じような意識をお持ちの方がいらっしゃいましたらぜひご一緒しましょう。

所有者不明土地問題

 「所有不明土地問題」については以前にもここで触れた事がありますが、法務省の有識者研究会がこの度「中間とりまとめ」を行い、「変則型登記の解消を目指し、登記官に所有者を割り出すための調査権限を与える方針」を決めました。
 私達が行っている土地調査の部分でも、所有者不明のためこれを明確に調査するのに非常に労力と時間を要しており、常に所有者が明らかになっている時代が来れば、土地政策もぐんと短縮できる事でしょう。
 災害からの復興という過程でも、この問題がかなりネックになって長期化してしまっている事は周知の事実で、この対策は長く待たれてきたことと思います。
 詳しくはまた後日に。

i-Construction推進コンソーシアム

 明日「i-Construction推進コンソーシアム(第3回 企画委員会)」が開催されます。
 ここでは「建設現場におけるICTの活用拡大や、3次元データの利活用、新技術活用や、産学官民の連携強化、i-Constructionの普及・促進などの取組の方向性について」が審議され、生産性が高く魅力的な新しい建設現場の創出に取り組まれています。
 建設現場には様々なロボット技術の導入が取り組まれており、これは従来スタイルより安全性が向上し、生産性が高まる事により高齢化した作業員が今後減少してもロボット技術を操作できる若者が業界に増えてくれる事により、建設業界の安定にも繋がります。
 本コンソーシアムで研究されている内容は、産官学による最新技術の結晶でもありますので非常に興味深いものです。

マルチビーム計測

 今日は某所にてマルチビームリモコンボートによる深浅測量を行って来ました。ここは1年半位前にシングルビームのリモコンボートで計測した場所で、さてどういう違いがあるか。
 これまでにもいろいろな場所でマルチビーム深浅測量を行っていますが、何か問題があるとすれば定期横断の測線200m間隔のちょうど間に発生していて、不思議と定期横断観測する断面には問題点が出ていない事が多いようです。
 マルチビームで計測するとまず「水底」の形が見えて来ます。(場合によっては堆砂の紋様までわかる事があります。)横断観測だと「断面形状から推定する」ですが、マルチビームでは「見てわかる」に変わり、「このルートで流れてるんですね。」が一目でわかります。この違いって大きくないですか。
 先日の「情熱大陸」では、手術に3DのVR・AR技術を取り入れて精度を上げるような内容をやってましたが、河川改修が必要な場所にもマルチビームで計測した3Dモデルがベースにあると精度が向上できるのではないでしょうか。
 近年、異常気象が多発傾向にあり「水害」の危険も高まりつつあります。当社の技術が減災に役立ってくれれば良いです。全国どちらからでもご相談下さい。

PRODRONEさん来社

 今日も名古屋からPRODRONEの方に来社いただいてました。カスタマイズ機能の確認でお越しいただいた訳ですが、話しているうちにまた要望事項が高度化しました。
 現在2020年を目標に「自動運転」等さまざまなロボット技術が驚異的な発展の最中です。ドローンも「自動離着陸」が実現され、「衝突回避」機能の実現によりバッテリーさえ持てば、かなりの距離の自動飛行まで可能な時代になりつつあります。
 そこでまた要望を言っちゃいました。これまでも要望事項をクリアしていただく事により、機体の機能アップにも繋がってますのでメーカーとしてプラスになっているのでは、と都合よい解釈で。
 これも開発力がある会社さんなので、出来る事でディーラーにモノを言ってもなかなか聞いてもらえるものではありません。要望を出せるという事はその開発者に期待しています、という事でこれからも要望を出し続けたいと思います。

 ちなみに私が好きなTV番組は(今は終わってしまった)「夢の扉」です。夢を夢とあきらめずに、どうやって叶えようかと夢見る事が人生の楽しみ、です。

生産性革命プロジェクトの追加

 来週5月29日(火)に「国土交通省生産性革命本部(第7回会合)」が開催されます。
 国土交通省では、平成28年を「生産性革命元年」と位置付け、同年3月に「国土交通省生産性革命本部」を設置し、これまでに「生産性革命プロジェクト20」が選定されておりました。(この中には「i-Constructionの推進」も含まれてました。)そして生産性革命3年目・「深化の年」である今年、既存の生産性革命プロジェクトの更なる具体化・強化を図るとともに、新たにプロジェクトが追加されます。
 2020年を目標に「自動運転」や「ロボット技術」は飛躍的な進化の真っ最中です。建設分野でもこの「ロボット技術」はドローンを始め、急激に活用される動きです。こういう情報にも注意したいと思います。

UAV競技会

 来月開催される「EE東北」では「UAV競技会」が同時開催されます。ここ数年、EE東北の来場者数が激増してますが、これはUAV競技会が始まった時期ともほぼラップしているような、かなりこの技術への関心は高いと思われます。
 知り合いの空撮業者さんが、「UAV競技会(一般の部)に出場します。」という話を聞きました。ブース出展している会社限定のコースと一般の部があり、様々な企業さんがチャレンジできるのが良いところですね。
 今年はどのような「ICT技術」が建設分野で実用されるのか、楽しみな展示会です。

「海岸保全施設維持管理マニュアル」の改訂

 国土交通省より「海岸保全施設維持管理マニュアル」改訂~水門・陸閘(りくこう)等の効率的な維持管理の実現に向けて~の発表がありました。
 これは、「全国の海岸保全施設における堤防・護岸等のうち、整備後50 年以上経過した施設や整備年度が不明な施設は2015 年で約4 割あり、2035 年には約7 割に達する見込みで、適切な維持管理の実施が重要な課題となっている」からです。
 弊社でも地域がらこういう業務に関わる事もありますので、注意してみたいと思います。今後の方向性として「維持管理」分野もしっかり見ています。

ページ移動